ブログを書いて感じたこと

人生を変えるために、僕が行ったこと。

僕は、昨年ブログを始めた。
ネットビジネスと出会い、人生を変えたいと思ったからだ。
会社に行けなくなって、休職しているときに
Twitterを眺めていたら、ネットでビジネスをしている
今の師匠に出会った。

まず、ブログを開設して、メルマガを始めた。

ブログに毎日日記をつづっていった。
毎日続けようと思ったが、途中で挫折した。

まず、何を書いたらいいのかわからない。
そもそも、伝えたいことがなんなのかもわからない。
読んでくれる人がいるのかも不安になった。

アクセス履歴ばかりを気にして、
読んでくださっている読者さんに
役に立つ情報を提供することができなかった。

毎日、思ったことを垂れ流していた。
それで、つまらない記事を書き続けてしまって
100日投稿できたと、自己満足していた。

僕は、師匠から叱られた。
なぜ、日記を書いているのかと。
そんなことでは、お客さんはおろか
読者さんもいないままだ。

確かに、そう思った。
ブログで発信することは、
とても、面白かった。

だから、楽しくって、
質よりも量ばかりを優先させてしまった。

僕の師匠は、僕に厳しくもやさしく
教えてくれた。

僕は、精神疾患を抱えていて
テンションの高いときと
低いときを交互に繰り返す生活を
行っている。

できるだけ、テンションの波を抑えるように
通院・服薬もしている。

テンションの低いときには、
師匠に迷惑をかけてしまった。

そして、師匠から逃げるために
ネットからも離れたのである。

ただ、情報発信を再開したのには、
理由がある。

会社を辞めることにしたからだ。

だから、情報を発信することで、
自分の居場所を作っていくことにした。

ネットビジネスって怪しいんじゃないかという
最初はそう思っていた。

ただ、勉強をしていくうちに
ネットのビジネスも
リアルのビジネスも
おんなじなんだって分かった。

お客様にどう向き合っていくのかを
考えて考えて、考え抜いて、
喜んでもらうにはどうしたらいいのかを
パズルのように組み立てていく。

どうやったら、お客様は、僕と一緒に
何かをしてくれるのだろうかと。

ネットビジネスを学んで
分かったことは、たった一つ。

お客様と信頼関係を結ぶこと。

そしたら、人生が変わること。

師匠が僕にしてくれたように
僕ができることを
あなたに伝えていきたい。

僕は、こんな悩みを持っていた。

友達がいない。
何をしたらいいのかわからない。
将来のことが不安。
家族とうまくいっていない。
お金がない。

だけど、ビジネスと出会って
ちょっとだけ、前を向けるようになった。

ではでは、また会いましょう。

まゆ
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です