『読みたいことを、書けばいい。』 あなたはゴリラですか?

 

読みたいことを、書けばいい。

文章は書けばかけくほど、小さな世界になるって言葉に
印象を持った。

何も書かないことが、どうとでもとれる。

選挙だって、白票が一番未来がどうなるか
分からないから、おもしろいって考え方もできる。

それから、物を書くときには、きちんと調査をしたうえで
自分の読みたい文章を書いたら、よいって。

完成されているものに挑戦するっていうのに
違和感を持っていた学生時代。

誰かが正解した問題を、改めて解くのって
効率が悪いんじゃないのかって感じていたから。

ビジネスで成功しようとするならば、
できる人を徹底的にまねをしましょう。
なぜならば、先人の知恵が詰まっているから
最短距離で成功ができるのだから。

ビジネスで成功するには、ただまねるだけでよい。
真似をしていく中で、真似できないところが、
その人の味になる。

一番最初から、オリジナリティを出しても
上手くはいかない。

物を売る際には、まず、お客様との信頼関係を
つくること。
そのために、売りたいもののことを、好きになる。

読みたいことと言うのは、自分の好きなことである。
好きなことをやっていれば、楽しい。

楽しくてお金をもらっているのであれば、
最高の人生だ。
楽しくてもお金にならないけれど、
楽しめれば、元は取っている。

最後に、「あなたは、ゴリラですか?」という言葉が
でてくる。
この文章は、とても面白かった。

僕は、ゴリラに似ている。
同期に書いてもらった、似顔絵がゴリラだった。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です