引きこもりだったとき

どーも、まゆです。

 

僕は、友達のいないさみしいやつと言われ

悲しくなって、人とかかわることができない時期が

断続的に続きました。

 

仕事でも家族関係でもうまくいきませんでした。

そんなときに、父に言われた一言。

 

いつまでも、寝てばっかりして

どうするんだって。

 

たしかに、失敗する自分が

怖かったんですよ。

 

そこから、朝早く起きるようになって

朝ごはんを作り始めるようになって

少しずつ、生活にハリが出てきました。

 

 

もし、あなたが、何かを変えたいみたいな気分になったときは

いつもより、5分だけでもいいから早く起きて

靴を履いて外に出てみるだけでも

大きく変わることができます。

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です