『どんな時代にも通用する「本物の努力」を教えよう。』で才能について考えた

どーも、まゆです。

 

今日も、千田先生の本を読みました。

 

元気でました。なぜならば、いままでは

頑張ったら何とかなるって思っていたことは

実は、どうしようもないということだ。

 

ぼくは、図面を書くのが苦手だった。

でも、無理して会社でトレーニングをしたけど

周りについていくことができなかった。

 

それで、自分がほかの人よりもできたことを

振り返ってみた。

 

そしたら、人に教えることと

整理整頓ができることの2つを

思い出した。

 

この本は、努力の仕方について書かれてある。

ただ、やみくもに努力するのではなく、

才能のある分野を見つけて、そこにフォーカスすることの

重要性を知ることができた。

 

一番印象に残った言葉は、

人から言われたとおりに仕事をすると

頭を使わなくなるってところが

とても、こわいなぁって思った。

 

たしかに、楽ではあるけれど

楽しくはなかった。

 

自分の頭で考えることは

常に続けていこうって感じた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました